6/17発売予定の気になる一冊

本日の気になる一冊は、

『白球ガールズ』

赤澤 竜也 (著)

でございます。

 

【内容】

女の子は甲子園にでられない!? 甲子園を夢見て小学校から野球を続けてきた青山由佳は、失意の底に沈んでいた。野球を諦め、平凡な高校生活をおくろうとした由佳だが、あるとき高校女子硬式野球部の存在を知る。四国にある甲子園の常連校・花ヶ丘学園高校へ編入した由佳は――。偏屈な部長や、幼馴染の高校球児、そして頼もしい仲間たちとともにチームを築いてゆく。由佳たちは、「自分の甲子園」をつかむことができるのか!?(引用元:株式会社KADOKAWA

という内容でございます。

 

最近は女子野球も珍しくは無くなってきました。

そんなこともあり、高校野球のマンガや小説などにも女子野球部員というタイトルも増えてきましたね。

しかしこの書籍の部員の濃さはなかなかないのでは。

この濃いメンツと主人公がどのように向き合い成長していくのでしょうか。

これからの梅雨の時期、鬱々とした気分を夏の甲子園に重ねながら読みたいですね。

どんな内容でまとめられているのか気になります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です