エアコンガス補充しました! DIY S15にて

昨日行いました車のエアコンガス補充。
実用的なDIY生活さんを参考に行いました。大変参考になりました。

※自己責任でございますので、自信のない方はディーラーなどに持ち込んでください。

 

とある暑い日、久しぶりにエアコンを入れたら何だかぬるい風しか出てこない。窓を開けて凌ぎましたが、これだと走っていないと暑くて仕方ない。のぼせそうになりながらその日は帰宅しました。

色々と調べてみるとコンプレッサーなどは動いていましたので、やはりエアコンガスが減ってしまっているのでは、とあたりを付けました。

愛車に使われているガスの種類はHFC-134aですので、補充に資格はいりません。R1234yf(HFC-1234yf、補充には資格が必要です)

さて補充するにも工具がないのでAmazonにて揃えました。

私が購入した時には合計で3,000円程度でした。ディーラーにお願いするよりは安上がりかな。ガスも多めに買っておけば1個当たりの送料も安くなりますので、2回目以降はだいぶ安上がりです(*´ω`)



さてブログを参考にさせていただきながら早速作業です。

【1.車側準備】

まずは、エアコンMAX・最低温度・窓全開にし、30分程度アイドリングしてエンジンルームを温めてください。そうしないとカーエアコンに使われていますシールが破損してしまう可能性があります。私はフラフラとドライブしてきました。

ここでサイトグラスが付いている車であればそこを確認してください。勢いよく白い泡が流れていればガス不足です。それ以外ならディーラーに行ってください。私の愛車には付いていませんでしたので、ホースのゲージを参考に試してみるほかありませんでした。

 

【2.冷却缶準備】

ガス缶にホースを接続します。バルブがついていますので、そちらを缶に回して入れていきます。その後でバルブを時計回りに最後まで回していきます。

ガス缶の用意が終わりましたら、バルブを少し緩めてガスが少し出る状態にしておきます。低圧側に接続するのですが、その際にホースの中に入っている空気を抜くためです。

 

【3.車側準備】

エンジンを停止してください。※作業安全のため

 

【4.補充作業】

安全に低圧側に接続をしてください。

接続が終わったら、エンジンを掛け、最大負荷にてエアコンをつけます。

(AC:ON、風量:MAX、温度:MIN、外気取り込み、窓全開)

その後、缶は必ず上に向けたままバルブを少しずつ回し、補充していきます。下に向けると液体が入ってしまい、不調の原因になるかもしれません。

補充しているときに缶が熱くなると破裂するかもしれないので、直ちに作業を停止してください。因みにちゃんと出来ていると缶が結露するくらい冷たくなります。

サイトグラスがあれば、1つの気泡がふわふわ浮いている様であれば完了です。私は付いてないため、ゲージをみて、青のところまで来たので終了しました。

そして車側に戻り、エアコンから冷たい風が出ているのを確認して終了しました。当たり前のように冷たい風が出てくるを何だか嬉しくなります。

私はここまでの作業で終えましたが、高圧圧力の方までチェックすると完璧です。

くれぐれも自己責任でお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です