シャンプーと視線の先で ~夢解き美容師、葉所日陰~ 6/24発売予定

【文庫】

『シャンプーと視線の先で ~夢解き美容師、葉所日陰~』

(メディアワークス文庫)

枕木 みる太 (著)

 表参道の裏路地にある、隠れ家的な美容室の『夢やうつつ』。そこで働く葉所日陰は、鏡越しにしかお客さんと目を合わせられないほど内向的だが、かつてはトップモデルのヘアメイクも担当したほどの腕前。さらに、裏オプションの彼のシャンプーは「夢シャン」と呼ばれ、シャンプーの最中にお客の悩みが夢となって視えるらしい。
お客さんの悩みを解決するため、最高のヘアスタイルを生み出す日陰の元には、悩みを抱えたお客さんが、今日も後を絶たない。(引用元:メディアワークス文庫

美容室って独特な雰囲気がありますよね。シャンプーしてもらっているととても心地よくなっていきます。

この物語の主人公は、そのシャンプー中にお客さんの悩みが視えるという。たしかに心地よくなって、意識はちがうところにいく気がしますものね。

悩みを解決するためのヘアスタイルを生み出す葉所さんの物語です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です