「応援される人」になりなさい アウェーがホームになる〝人間力〟 6/25発売予定

【書籍】

『「応援される人」になりなさい アウェーがホームになる〝人間力〟』ワック

室舘 勲 (著)

【著者からのメッセージ】
私は人材教育を事業とする会社の経営をしています。
勉強しに来てくれる人たちの多くは、大学生や二十代の社会人。
「自分を磨いて、人の役に立ちたい!」と立派な志を抱いて集まってきている人たちです。そのようにがんばっている若者を見ると、私も何とかして〝応援したい〟という気持ちにさせられます。
それは私自身が、若いころから多くの方々に応援していただいてきたからです。私は何の縁故もなく、頼るものもないまま、まさに裸一貫のままで飛び出してきました。そんな私でも、東京で会社を立ち上げて、ここまでやってくることができたのは、まわりの人たちの応援があってこそです。
今の若い人たちを見て危うく感じるのは、自分の〝スキルアップ〟や〝能力アップ〟にばかりこだわっていること。ひたすら〝アップ・アップ〟の上昇志向で、しかも自分一人の力でなしとげようと悪戦苦闘しています。
たしかに、自分を高めよう、偉くなろうと、意欲をもって努力している姿勢は素晴らしいと思います。
でも、ちょっと発想を変えてみてください。
しょせん〝自分の力だけで〟できることなど〝たか〟が知れています。
「人に応援してもらえるような人間になれるかどうか」──人生がうまくいくかどうかは、これにかかっています。
世の中は過酷なものですが、その社会の荒波のなかでくじけそうになったとき、「ガンバレー」という声援の後押しで、目の前にそびえたつ〝壁〟を突破できるのです。人生が急に開けてきて、突然、未来が輝かしくみえてきます。
たくさんの人の応援をいただきてきた私の経験を本書で紹介しております。ぜひ本書をよみ〝応援される人〟になってください。そして、輝かしい未来に向かって歩いていきましょう。

(引用元:ワック

今の人で多くなっているのが、自分一人の能力をあげることだけに集中してしまっていると著者はおっしゃっています。確かに周りにも自分が伸びれば結果的に全体が伸びるでしょという人がいます。

しかし、社会に出て自分一人で出来ることというのは、たかが知れています。その限界を突破するためには、ということがこの一冊には書かれています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です