魔女の下僕と魔王のツノ(6)

【コミック】

『魔女の下僕と魔王のツノ(6)』

もち (著)

魔物が恋しちゃいけないなんて、誰が決めたの?

好きを隠しきれないレイは、ついにアルセニオに想いを打ち明ける。しかし自分が魔物であることへのコンプレックスやなんやから、その想いを素直に受け止められずにいるアルセニオ。半分両思い、半分片思い。複雑ながらも幸せそうな二人だが…?

(引用元:スクエアエニックス)

レイとアルセニオ、気になる二人はどうなるのでしょう?

 

もち先生の作品同時3巻発売です。

因幡は18巻・19巻発売です!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です