豆の上で眠る (新潮文庫)

湊 かなえさんの作品です。

なかなか悲壮感があふれる作品かと。どっぶり浸かりたい方に是非!

 

私だけが、間違っているの? 13年前に起こった姉の失踪事件。大学生になった今でも、妹の心には「違和感」が残り続けていた。押さえつけても亀裂から溢れ出てくる記憶。

そして、訊ねられない問い――戻ってきてくれて、とてもうれしい。だけど――ねえ、お姉ちゃん。あなたは本当に、本物の、万佑子ちゃんですか? 待望の長編、刊行!

(引用元:新潮社

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です