100回泣いても変わらないので恋することにした。

堀川 アサコさんの作品です。

15センチの謎のおじさん!?

この謎のおじさんの願いを叶えることになるが、それが平凡な日常を変えていく。

 

地方都市のしがない学芸員として働く手島沙良は、仕事の途中で体長15センチの謎の小さなおじさんを発見する。彼の名は槇原伝之丞。孤独な人間にしか見えない存在だという。なりゆきでその願いを叶えるハメになった沙良だが――。ひょんなことから出会ったイケメンは訳ありで、街に伝わる河童伝説が蘇ったり、あげく殺人事件発生? 彼女の平凡な日常は今、涙とともに変わり始める。

(引用元:新潮社

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です