東芝 原子力敗戦

著者:大西 康之 さんです。

今話題の東芝の衰退の原因の一部が垣間見えるかもしれません。

 

東芝社内で経営陣が交わした粉飾メールをすっぱ抜き、浜松町本社を震撼させた著者。それだけではない。原子力事業部キーマンの「手帳」、驚くほど緻密に出来事を記録した社内「週報」、そして社内外の原子力事業関係者の動きを記した極秘資料を入手。時に東芝幹部を追い詰め、会見の場に引きずり出してきたスクープ・ジャーナリストが、『月刊文藝春秋』『週刊文春』「文春オンライン」を中心に執筆した記事に、大幅な加筆修正を加えて書籍化した。

(引用元:文藝春秋

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です