働く文学: 仕事に悩んだ時、読んでほしい29の物語

著者:奥 憲太さんです。

 

悩んでしまっているときというのは、何が正解なのかわからなくなり、より迷い込んでいってしまうということはよくあります。そしてどんどんとスパイラルに陥ってしまう。

そんなスパイラルを脱出するときに必要なのは、自分を信じる力なのかもしれません。しかし信じるのにはきっかけが大事ですよね。そういったきっかけや自分を信じる力を見つける一つに、文学というものが手助けしてくれるかもしれません。

奥 憲太さんが薦める、仕事に悩んだ時に読んでほしい29の物語。

手に取ってみて、自分の人生を見つめなおしてみませんか。

 

書籍の内容は

文学はけっして正解を押しつけない。
あるのは答えではなく、問いそのものだったりする。
だからこそ、
どこかに今のあなた自身がいるかもしれない。
あなたを動かす言葉が、
あなたに見つけられるのを待っているかもしれない。
働くあなたに「働く文学」を――。

(引用元:東海教育研究所

でございます。

気になる方は是非。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です