6/29発売予定の本日の気になる一冊 『地質のプロが教える 街の中で見つかる「すごい石」』

本日の気になる一冊は

地質のプロが教える 街の中で見つかる「すごい石」
著者:西本 昌司さん

でございます。

 

著者の西本さんは名古屋市科学館で主任学芸員をされており、博士(理学、名古屋大学)でもあります。その他にも様々なことをされており、地球科学の振興に努めておられます。

さて本書は

地質学を専門とする著者が、都市部で見かける化石や大理石といった「すごい石」を題材に、地球の営みをわかりやすく解説! さぁ、本を持って街を歩いてみましょう。今まで素通りしてきた建造物の壁の中にアンモナイトやサンゴ礁が眠っているかもしれません。

(引用元:日本実業出版社

という内容でございます。

 

「すごい石」に対しては、値段や価値が高いのだろうくらいしか意識したことはありませんでした。

どのようにして出来上がったか全く知らないことに気づかされました。そしてまさか壁の中にアンモナイトやサンゴ礁があるとは思ってもみませんでした。どんな壁にいるのでしょう。そしてどの様な形でいるのでしょうか。

これから散策するときには、気になって仕方ないでしょう。

 

散策の新しい視点を得られるこの一冊。本日の気になる一冊でした。

 

ちなみに著者の好きな岩石は花崗岩だそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です