6/30発売予定の気になる一冊 『眺望絶佳の打ち上げ花火』

本日の気になる一冊は

『眺望絶佳の打ち上げ花火』

金武 武さんの作品

でございます。

 

いよいよ花火大会が始まってくる季節になってきました。早いところだと、7/1から開かれております。

花火を見ると日本の夏だなぁなんて気分がしてきてしまいます。美しく開く花火。そして遅れて聞こえてくる、ドーンという音。いいですよねぇ。

そんな花火も色々と知って鑑賞するのでは、また違った顔を見せてくれるかもしれません。

 

本書は、日本の伝統花火から最新の芸術玉まで、色とりどりの美しい花火を紹介する「花火のビジュアルブック」です。
30年以上に渡り、花火を撮り続けている金武 武氏による写真約80枚に加え、花火の名前や作り方、打ち上げ方法に至るまで花火の基礎知識を詰め込みました。「同じ玉は二度とない」と言われ、常に進化し続ける花火の奥深き世界をどうぞお楽しみください。

(引用元:玄光社

 

今日の気になる一冊は、そんな花火を撮り続けられている金武さんの写真をメインに、花火の名前、作り方から打ち上げ方まで解説してくれております。

技術マニアの方も興味が惹かれるのでは。

夏の夜を彩る花火。そしてそれを支える技術、とても気になります。

 

それでは、本日の気になる一冊でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です