テスタメントシュピーゲル3 下

冲方 丁さんの作品です。

鬼才による<最後のライトノベル>、ついに完結!!

「あたし達は大丈夫だ!真っ直ぐに行くぞ!」
涼月(スズツキ)の咆哮を合図に、憲兵大隊(MPB)+公安高機動(MSS)隊の特甲児童達は戦火の街・ミリオポリスを駆け抜ける。都市を壊滅の危機に陥れた主犯格+特甲猟兵達をひとり残らず倒すべく、善きつながりの感覚とともに最終決戦に臨む少女達。やがて迎える終極で、それぞれの背負った因縁にも決着のときが訪れる――。6人の機械化少女と、ともに戦った数多の戦士達の物語、ついに感動のフィナーレ!!
(引用元:KADOKAWA
本当に熱い展開です!これは読まないとと思える作品です。
それぞれの登場人物がしっかりと経験を積んで強くなりました。
少女たちはどの様な決着を迎えるのか。
1巻が発刊されてから8年。ついに完結です!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です