冬の盾と陽光の乙女(下) (扶桑社ロマンス)

ナリーニ シン (著), 藤井 喜美枝 (翻訳)

彼女がくれたのは無償の愛。
それは世界を救う唯一の希望―。
パラノーマル・ロマンス〈超能力者(サイ)=動物に変身する種族(チェンジリング)〉シリーズ第13弾!
〈サイネット〉をむしばみ壊滅的な被害を引き起こす感染。
それを食いとめる鍵が、共感能力者たちの封じ込められていた能力にあることが改めて確認され、〈アロー部隊〉のメンバーとEサイたちは、感染の影響で生じる大規模な集団発症事件と〈サイネット〉崩壊の危機に力を合わせて立ち向かう。
命を懸けた作戦のなかで、ヴァシックとアイビーはその精神的な絆をしだいに深めてゆくが、一方でアイビーはヴァシックの身体に生命に関わる問題が潜んでいることを知る……

(引用元:扶桑社

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です