東京の森のカフェ

著者:棚沢 永子さんです。

東京には緑が少ないとよく言われるけれど、そんなことはない。ちょっと目をこらせば身近なところにも自然は意外とたくさんみつけられるに違いない。少し郊外に足をのばして鬱蒼とした森の中を歩き回ったり、またささやかでも緑を大事にしている人たちと話したり。そういう出会いがあったときには本当に嬉しくなる――豊かな自然に彩られた、新しい出会いの物語、36話。

(引用元:書肆侃侃房

自然あふれるカフェって理想ですよね。それが東京にあるなんて。

気持ちがとても安らぎそうです。

少し歩かなくてはいけないところもありそうですが、それがまた都会から離れられる気がしていいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です