風車の恋歌 (ソーニャ文庫)

藤波ちなこさんの作品です。

商人の娘・芹は、若君の乳母を務める母に呼ばれ、城へおもむくことに。だがそこで芹に与えられた役目は、若君・知澄の側女となることだった。母からの突然の命令に愕然とする芹。知澄はそんな芹を、ある誤解からひどく詰り、乱暴に抱いてしまう。互いの事情を知らぬまますれ違う二人。それでも、知澄を慕う芹は、彼の歪んだ欲望を受けとめ続けていた。一方知澄も、芹に対する激情は恋だと認め始めるが、その矢先、二人は引き離されて……。

孤高の若君×つつましい商人の娘、両片思いの戦国恋噺!

(引用元:ソーニャ文庫

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です