斉木楠雄のサイ難 22

麻生 周一さんの作品です。

乙女達の決戦日・バレンタインデー。海藤に思いを伝えるため夢原はチョコを持って学校に来た。二人がくっついてくれる事を願い生温かく見守る楠雄。ダメかと思われたが一転、海藤から「好きだぜ」との返事が──!?

(引用元:集英社マンガネット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です