腐れ梅

澤田 瞳子さんの作品です。

小説すばるにて連載されておりました本作。

平安時代に生きる人々が、活き活きと描かれております。

陰謀に巻き込まれてしまうが、どう物語が進んでいくのか入り込んでいってしまう作品です。

平安時代、身体を売って暮らす似非巫女の綾児(あやこ)は、その美貌を見込まれて、菅原道真を祀る神社をでっちあげる策謀に誘われた。神社の筆頭巫女として、権力を存分にふるえるかに思われたのだが……。

(引用元:集英社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です