悪寒

伊岡 瞬さんの作品です。

何を信じてよいのかと疑心暗鬼になってしまう。

さすが伊岡さんと思える、押し寄せてくる物語の後半。

一気に読むのがきつい気がするが、続きが気になって読んでしまう一冊です。

山形に単身赴任中の賢一は、東京に暮らす妻の倫子から不可解なメールを受け取る。その後、警察から連絡が入り、倫子が賢一の会社の重役を殺したと知る──。その事件の背景には、壮絶な真相があった。

(引用元:集英社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です