尾道茶寮 夜咄堂 猫と茶会と花吹雪(つくも神付き)

加藤 泰幸さんの作品です。

尾道・お茶・つくも神の犬!テーマや舞台が自分のツボ過ぎるこのシリーズも第2作目。

茶道を嫌っていた主人公が徐々に茶道を見直していきます。そんな主人公が店長となり…

早く読みたいです。

 

父が残した古民家カフェ「夜咄堂」。そこには、黒髪の美少女とおっさん、そして犬の“つくも神”がいた――。大学一年生の千尋は、彼らから茶道を学ぶうちに、嫌っていた茶道の良さを知り、夜咄堂の店長となる。だが、お客は来ず、さらにはトラブルも発生。新米店長かつ駆けだし茶人の千尋にできることはなんだろうか?悩みつつも解決しようとする千尋だったが……。広島・尾道を舞台に、切なさと温かさが交差する再生の物語。第二夜、スタートです。

(引用元:宝島社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です