軍靴のバルツァー 10

中島 三千恒 さんの作品です。

ついに10巻発売です!

この作者さんは丁寧に書き込まれているので、眺めているだけでも結構好きです。

バルツァー少佐のどんな決断を下すのか気になりますね。

ヘルムートの救援により形勢は逆転。第一王子とレンデュリック大佐はエルツライヒに逃亡、混乱する南部貴族連合も後退を余儀なくされる。第二王子とバルツァーは追撃戦の準備を進めるが、ついにヴァイセン軍が治安維持を名目にバーゼルラントに侵攻する。残された時間はごく僅か! 南部軍を粉砕しバーゼルラントの混乱を収めることが出来るのか!? そしてついに教え子との直接対決で、苦悩するバルツァー少佐がとった戦術とは!?

(引用元:新潮社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です