書店ガール 6 遅れて来た客

碧野 圭さんの作品です。

前巻で、上手く軌道に乗ってほっとしたのですが、本巻にてなにやら雲行きが…

なんとか頑張って欲しいです。

彩加が取手の駅中書店の店長になってから一年半、ようやく仕事が軌道に乗り始めたと感じていたところ、本社から突然の閉店を告げられる。一方、編集者の伸光は担当作品『鋼と銀の雨が降る』のアニメ化が決定して喜ぶものの、思わぬトラブル続きとなり……。逆境の中で、自分が働く意味、進むべき道について、悩む二人が見出した答えとは。書店を舞台としたお仕事エンタテインメント第六弾。

(引用元:PHP研究所

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です