きょうの日は、さようなら

石田香織 さんの作品です。

本作がデビューとなる石田さんですが、河出書房新社さんの一押しだそうです。

なにやらドラマチックな感じがありますね。果たしてどんな運命なのでしょうか。

 

愛よりも深い絆が、ふたりにはあった──

家族や親友や恋人より大切な「運命」の物語。
心揺さぶる、最高のデビュー作!

かつて兄だったキョウスケが、勝手に私の人生へと戻って来た。
立派な「あかんたれ」になって──

かけがえのない運命と、町の片隅で生きる人々の、
一番せつなく、一番やさしい物語。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です