7/12発売予定の気になる一冊 『ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語』

本日の気になる一冊は

『ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語』小野寺 優 さんの作品

でございます。

ついにここまでラノベが!?と思いましたが、興味が持ちやすく多くの方の入り口となるのは良いことですね。

古事記は歴史の授業で習ったくらいの知識しかありませんので、こういった書籍で大枠を捉えて理解していくのはありがたいです。日本の神様も好きですし、評判もよいので早速読んでみたいです。

いろいろと時代は進むのだなと思えた、本日の気になる一冊でした。

ラノベ感覚でキャラ萌えしながら読める「古事記」!!

日本の神様が大活躍する下ネタ満載のギャグ本みたいな歴史書『古事記』。しかし1300年以上前に書かれたため言葉遣いが難しく、読み切れない方も多いはず。そこで本書は、小難しい解説をぜーんぶ取っ払って物語だけを抜き出し、ラノベ風にまとめました!

【内容】
『古事記』とは、日本の神話からはじまる日本最古の歴史書のことです。上中下巻からなり、上巻は日本神話、中下巻は天皇記が書かれています。本書はそのうちの上巻『日本神話』のストーリーをラノベ風に現代語訳しました。
著者の愛によって脳内変換された古事記。読み終わる頃には、きっとあなたも今まで以上に日本が大好きになっているはず。

※本書は古事記のストーリーを楽しんでいただくことを目的としているため、学術的な正当性を示すものではありません。
※相関図や目次に使われている名称の漢字について、基本的には古事記のものを使用していますが、一部わかりやすさを優先した表記に変更しています。

(引用元:KADOKAWA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です