パドルの子

虻川 枕 さんの作品です。

これからの季節にいいなぁと、表紙に惹かれてしまいました。

パドルと呼ばれる水たまりに潜る行為を繰り返す美少女。パドルをしながら強く願うと世界を一つだけ変えられるという。

なにを願って潜るのでしょうか。

 

圧倒的オリジナリティで
第六回ポプラ社小説新人賞
を受賞したデビュー作!

「パドルって、何?」
「水たまりに潜って、新しい世界を、混ぜちゃうの。こっそり、ね」

中学2年生の水野耕太郎は、唯一の親友だった三輪くんの転校をきっかけに、屋上へ出る階段の踊り場を「別荘」と名づけ、昼休みの時間をひとりで過ごしていた。
夏休みを間近に控えた7月の昼休みのこと。水野がいつものように別荘で時間を過ごしていると、ザッパーンという大きな音が屋上の方から聞こえてくる。ふだんは施錠されているはずの扉が難なく開き、屋上に出てみると、そこには驚くほど大きな“水たまり”が広がっていた。そして、その水たまりで、女子生徒がバタフライで泳いでいる――。混乱し、立ち尽くす水野の目の前に、水たまりから優雅に上がってきたのは、水泳部のエースで学校一の美少女と名高い、隣のクラスの水原だった。
水原は、水たまりに潜る行為のことを“パドル”と呼び、「パドルをしながら強く何かを願うと、世界をひとつだけ変えられる」のだと説明する。半信半疑ながら、誘われるままに水たまりに飛び込んだ水野は、パドルで実際に世界が変わるのを目の当たりにする。校舎が取り壊しになる夏休みまでの8日間、水野もパドルに加わることになる。
水原がある一つの“目的”に向かって、パドルを繰り返していることを知る水野。そしてはからずも、その“目的”のためのパドルが、思いもかけない衝撃の真実を浮かび上がらせ――。

魅力的な伏線・仕掛けの数々に、必ず二度目が読みたくなる。
切なくみずみずしい、青春ノベルの新たなる傑作が誕生!

(引用元:ポプラ社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です