猫的な、あまりに猫的な 人間たちの心を猫にする“哲学猫”120の言葉

白取 春彦さんの作品です。

猫が哲学って新しいな。何か思案してそうなときって多いですものね。

19世紀ドイツの街角に哲学する猫がいた―
すべての猫は毎日幸せだ。
他者をあてにせず、ねたまない。

ミリオンセラー『超訳ニーチェの言葉』著者渾身の新刊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です