メディアの驕り (新潮新書)

著者:廣淵 升彦さんです。

現在様々なことが言われているメディアですが、その原因が見えてくるかもしれません。

プラスとマイナスが逆転した価値観、過剰な「社会の木鐸意識」、あいかわらずの中東音痴……いったいなぜ、日本のメディアは間違うのか。「水玉のタイはクリーンの象徴」「ベニスの商人=悪人」論など、かつてのミスリード報道を実例として挙げながら、その背後にある驕りの構造をひもとく。情緒的平和願望に流され、知性と教養をおろそかにしたままでは、国の未来は危うい。ベテランジャーナリストによる渾身の論考。

(引用元:新潮社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です