魔女の旅々4 (GAノベル)

白石 定規 (著)、あずーる (イラスト)

こういうのを読むと旅っていいなぁて思いますよね。

話のバランスがよいこのシリーズ。

ハラハラしたりほっこりしたり。

早く読みたくなる第4巻、発売です!

 

シリーズ重版続々!! 話題作の第四弾

あるところに旅する魔女がいました。名前はイレイナ。
まだ見ぬ景色、偶然のめぐり逢わせを求め、ひたすらに旅を続けます。

今回出会うのは、ポンコツな女スパイ、懐かしい黒髪の少女、
毒林檎を食べた女性、名探偵、美食家と読書家、自称・美少女歴史家、
水没した街の魔法使い、飛竜、氷の街の怪物、「薔薇の魔女」。
そして、眠るごとに全ての記憶を失う、謎の少女アムネシア。
イレイナは、この少女が目指す「ある国」まで同行する事になります。

「泣き止んだら、旅の続きをしましょう?」
唯一の手掛かりはアムネシアの日記帳だけ。
この二人旅の終焉にはいったい何が待っているのでしょうか。

「私も忘れません。あなた達のこと」

(引用元:SBクリエイティブ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です