時をかける社畜 (富士見L文庫)

灰音憲二 (著)、はしゃ (イラスト)

なんとも恐ろしいタイトルです( ゚Д゚)

そしてループし続けることで、仕事が終わらないという…

発狂する自信があります(´・ω・`)

読んだ後に胸が熱くなるって、どんな展開をするのでしょうか。

とても面白そうな一冊です!

また一歩、明日へ踏み出す勇気をくれる。すべての働く人のための物語

会社員の恵太は、曜日の区別もつかないくらい忙しい毎日を送るうち、本当に時間がループしていることに気づく。ということは永遠に仕事が終わらない!?――読んだ後、きっと胸が熱くなる。“今日”を働く人々の物語
(引用元:KADOKAWA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です