…結論。ぼくはきみが、大切でたまらない。

花魚・クジョー さんの作品です。

青春ですねぇ。

小6の夏以降は手紙で支えてくれたマリン。

高校生になり気になり始めたちはる。

どちらも啓介には大切なのでしょう。でもどちらか選ばなければいけませんよね。

二人はあの小6の夏以来会っていないが、マリンから届く手紙は、啓介の心の支えになっている。高校生になった啓介は、ちはるのことが気になりはじめるが、どうしてもマリンのことが頭から離れない。そんな優柔不断な啓介に、ついに転機が訪れる…。家族や友だちとの距離感。異性に対する想い。10代ならではの複雑な心の機微を描いた甘くて、ほろ苦い青春ストーリー。

(引用元:文芸社

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です