【7/17 Kindle日替わりセール】『仕事ができる人はなぜモチベーションにこだわらないのか』

本日のKindle日替わりセールは

『仕事ができる人はなぜモチベーションにこだわらないのか』

でございます。

個人的な感覚では、できる人はモチベーションを高く保っている気がしておりました。

言われてみるとモチベーションを高く保てないときにも仕事はある訳で。

なるほどと思える一冊です。

モチベーション高く働く――。意欲が常に湧き上がっている、理想とされる働き方だ。モチベーションという言葉が仕事の場面で使われ始めたのは2008年のリーマンショック頃。以来、時を同じくして職場うつの問題が急浮上。高い意欲を礼賛する風潮が、働き方を窮屈にしたのだ。そもそもモチベーションとは、ささいな理由で上下する個人の気分。成果を出し続ける人は、自分の気分などには関心を払わず、淡々と仕事をこなす。高いモチベーションを維持する人などいない。気持ちに左右されない安定感ある働き方を提言する。

(引用元:幻冬舎plus

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です