少女は夜を綴らない

逸木 裕 さんの作品です。

なかなか物騒なキャッチですが、引き込まれるものがあります。

中学生ならではの闇とも呼べる妄想に近いものを現実として行動に移すにあたり、恋愛感情が絡んだりと物騒なんですが、どうなってしまうのか惹かれてしまいます。

“殺人計画”にのめり込む少女を描く、先読み不可能な青春ミステリ!

“人を傷つけてしまうかもしれない”という強迫観念に囚われている、中学3年生の山根理子。彼女は小学6年生のときに同級生の加奈子を目の前で“死なせてしまった”ことを、トラウマとして抱えていた。 “身近な人間の殺害計画”を“夜の日記”と名付けたノートに綴ることで心を落ち着け、どうにか学校生活を送っていた理子の前に、ある日、加奈子の弟・悠人が現れる。“加奈子の死”にまつわる理子の秘密を暴露すると脅され、理子は悠人の父親を殺す計画を手伝うことに。やむを得ず殺害計画を考えるうち、誰にも言えなかった“夜の日記”を共有できる悠人に心惹かれていく理子。やがてふたりは殺害計画を実行に移すが――。
(引用元:KADOKAWA)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です