登山白書2017

最新のデータというのはありがたいですね。どんな山が今人気となっているのかや、事故例・ポイントなども載っていますので、いろいろと参考になる一冊です。

2016年4月~2017年3月までの一年間の統計で、登山界を巡る状況を1冊に。
登山関係者、一般登山者、山岳会のみならず、資料としての価値を求められている企業や研究機関、大学、メディアの方々に役立つ充実のイヤーブックです。

(引用元:山と渓谷社

気象、遭難事故統計、各地の入山者数、用具購買動向、ライフスタイルなど。
山で死んではいけない-全国遭難発生ポイント地図
始めての「山の日」。その経済効果を探る
那須連峰、高校生雪崩事故の残した教訓
長野県、消防防災ヘリ墜落。救助体制への影響は?
増加するSNS登山サークルの現状―登山界との溝を分析する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です