影裏


沼田 真佑さんの作品です。

第157回芥川賞受賞をきっかけに一気に話題になりましたね。

東日本大震災をきっかけとして、親しかった同僚の知らなかった一面が出てきて。

文章量が少なく何か日記のような感じを受けるので、一気に読んでしまう一冊です。

大きな崩壊を前に、目に映るものは何か。

北緯39度。会社の出向で移り住んだ岩手の地で、
ただひとり心を許したのが、同僚の日浅だった。
ともに釣りをした日々に募る追憶と寂しさ。
いつしか疎遠になった男のもう一つの顔に、
「あの日」以後、触れることになるのだが……。

樹々と川の彩りの中に、崩壊の予兆と人知れぬ思いを繊細に描き出す。

(引用元:文藝春秋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です