山の知識検定公認BOOK 安全登山の基礎知識 増補改訂版

約2年ぶりに改訂されました!

初心者が知識を得るのにわかりやすくまとめられています。今回はロープワークが追加されましたので、自分の知識と見比べてみるのもよいかもしれません。

本書は、登山の分野を「山行計画」「装備⋅ウェアリング」「読図」「気象」「救助⋅ファーストエイド」「山の雑学」の6つのテーマに分けた初版に「ロープワーク」を加え、それぞれの分野の第一人者が簡素に解説し、安全⋅快適な登山を実現するための基礎知識を紹介した登山の入門書です。
各テーマは、それぞれ一冊の専門書が発行されているほどの奥深いものですが、本書では「安全」「快適」な登山に重要な要素に絞り込み、必要最低限の内容をわかりやすく解説することに徹しました。さらに、日本山岳検定協会による「山の知識検定」を視野に入れた内容にもなっており、公認ブックとしての一面も備えています。
これらにより、登山の入門書としての利用はもちろん、検定合格への参考書として、さらにはベテランやリーダー的な立場の人たちが基本事項を復習するといった利用にも役立ていただける本になっています。

山の知識のピークを目指せ! 「山の知識検定」通称「ヤマケン」。毎年、ブロンズ、シルバー、ゴールド、3つのレベルの検定試験を開催。本書は検定試験の趣旨である下記を軸に各テーマを解説。
●「山の安全に関する知識」
(装備⋅技術⋅運動生理⋅救助法⋅読図etc.)
●「山の自然科学に関する知識」
(地理⋅地形⋅植物⋅動物⋅環境⋅自然遺産etc.)
●「山が楽しくなる知識」
(リーダーシップ⋅文学⋅歴史⋅地名⋅絵画⋅その他雑学全般)

(引用元:スキージャーナル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です