夏の祈りは (新潮文庫)

須賀 しのぶ さんの作品です。

野球に青春をささげておられた方には特におすすめです。この作者さんは野球をやっていたかたなら共感できる葛藤や挫折を上手く描かれるので是非!

文武両道の県立北園高校にとって、甲子園への道は遠かった。格下の相手に負けた主将香山が立ち尽くした昭和最後の夏。その十年後は、エース葛巻と豪腕宝迫を擁して戦った。女子マネの仕事ぶりが光った年もあった。そして今年、期待されていないハズレ世代がグラウンドに立つ。果たして長年の悲願は叶うのか。先輩から後輩へ託されてきた夢と、それぞれの夏を鮮やかに切り取る青春小説の傑作。(引用元:新潮社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です