7/30発売予定の気になる一冊『マンガでやさしくわかる部下の育て方』

本日の気になる一冊は

『マンガでやさしくわかる部下の育て方』

でございます。

ノウハウがしっかりと蓄積されている企業なら良いですが、そういった企業でないとそんなノウハウなんてないので個人の能力でなんとかしなくてはなりません。しかし学生時代などで後輩を率いてきた経験がなければ、なかなか育ちにくいと思われるこのスキルですので、こういった書籍を参考に当てはめてみるのも一つの方法かと思われます。

マンガで書かれていますので、お休みのときにもまだ読みやすいのかなぁと。

そんな本日の気になる一冊でした。

 「マネジャーになったものの、部下育成の方法がわからない」「部下にどうやって仕事を任せればいいのかわからない」
初めて部下を持ったとき、誰もがこんな悩みを持つものです。部下を持つということは、「自分で動き、自分で成果を出す」働き方から、全く異なる「他人を動かし職場の成果を出させる」働き方にシフトチェンジするということ。それは、まさにゼロからのスタートであり、ほとんど「生まれ変わり」に等しいほどの大変化となります。
本書では、仕事を任せることで部下を育てていく4つのステップを、マンガのストーリーを通して学ぶことができます。(引用元:日本能率協会マネジメントセンター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です