8/1発売予定の気になる一冊『ロケット発射場の一日』

本日の気になる一冊は

『ロケット発射場の一日』いわた 慎二郎さんの作品

でございます。

発射の瞬間等は、ニュースで見る機会がありますが、なかなか運搬・組み立ての内容を伝えているものは多くありません。ましてや子供向けは特に。

いろいろな興味を満たす作品はいいですよね。

ロケット発射場をめぐる楽しい一日を絵本で再現!
内之浦宇宙空間観測所ではたらく管制官の仕事や、ロケットの運搬や組立など知りたかった内容がもりだくさん。『野球場の一日』や『博物館の一日』の作者・いわた慎二郎さんが、打ち上げの管制官への取材も敢行!
宇宙を舞台に働く人々の緊張感あふれる中での仕事の楽しさが伝わる絵本です。
細密な内之浦空間観測所の鳥瞰図、ロケットが宇宙へ向かっていく圧巻の見開きなど宇宙が大好きな子どもたちの関心に応える内容となっています。夏休みの自由研究にもおすすめ。総ふりがなつき。(引用元:講談社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です