時代劇の「嘘」と「演出」

著者:安田 清人さんです。

時代劇をノンフィクションとして見るのかフィクションとして見るのかで、見方がだいぶ変わりますよね。

この書籍はそれを超えたところから時代劇というものを見ているのかなぁという印象です。

こういったものも面白いですね(*´ω`*)

「新選組隊士・坂本龍馬」はあり得るか?
大河ドラマの筋書きを変えた歴史の「新発見」!
“大きなウソ”も「鬼平」の魅力のひとつ!
仮面ライダーもガッチャマンも時代劇?

時代劇狂の歴史編集者が綴る、
偏愛的時代劇論!

(引用元:洋泉社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です