海が見える家

はらだ みずきさんの作品です。

千葉県の南房総、館山が舞台となっております。

疎遠になっていた父が亡くなり、色々と見つめなおす時間ができた主人公。

自分にとってのしあわせとは何なんでしょうか。

ワケあって、田舎暮らし、はじまる。
苦戦した就活でどうにか潜り込んだ先はブラック企業。働き始めて一ヶ月で辞職した。しかし、再就職のアテもなければ蓄えもない。そんな矢先、疎遠にしていた父親の訃報が飛び込んできた。孤独死したのか。どんな生活を送っていたのか。仕事はしていたのか。友人はいたのか。父について何も知らないことに愕然としながらも、文哉は南房総にある父の終の棲家で、遺品整理を進めていく。はじめての海辺の町での暮らし、東京とは違った時間の流れを生きるうちに、文哉の価値観に変化が訪れる。そして文哉は、積極的に父の足跡をたどりはじめた。「あなたにとって、幸せとは何ですか?」と穏やかに問いかけてくる、著者新境地の感動作!(引用元:小学館

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です