二度めの夏、二度と会えない君

赤城 大空さんの作品です。

なんだか切ない話です。

伝えてはいけなかった言葉のせいで、不治の病の燐は笑顔でいられたのにという後悔。

二度目の夏では、果たして彼女を笑顔のままにできたのでしょうか。

突如転校してきた森山燐は不治の病を患っていた。
俺は彼女と共に、ライブを演り、最高の時間を共に過ごし…そして、俺は燐を失った。
俺に残されたのは、取り返しのつかない、たったひとつの後悔―決して伝えてはいけなかった言葉。
俺があんなことを言いさえしなければ、きっと燐は最後まで笑顔でいられたのに…。
二度めの夏。タイムリープ。
俺はもう一度燐と出会う。
ひと夏がくれたこの奇跡のなかで、俺は自分に嘘をつこう。
彼女の短い一生が、ずっと笑顔でありますように…。

映画化記念・書き下ろし短編「はじめての夏、一度めの花火」収録!!

二度と来ないひと夏を彩る、青春ストーリーの決定版!

(引用元:小学館

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です