8/17発売予定の気になる一冊『神童は大人になってどうなったのか 』

著者:小林 哲夫さんです。

言われてみれば、続報ってあまり聞かない神童たち。そのまま突き進んでいてくれているのか、それとも一般の中に埋もれてしまうのか。神童とは無縁過ぎて想像ができません(;´・ω・)

凄い人になっていて欲しいなぁという謎の願望を持ちつつ読んでみたい一冊ですね。

神童といわれていた子供たちはいったいどのような大人になったのだろうか。四谷大塚とか名門塾で全国トップの子供達は大人になってどうなったんだろうか。東京大学を首席卒業した人や、灘や開成、麻布、ラサールなど名門私立で伝説的といわれた人たちはどういう生涯をたどったのだろうか。

長年『大学ランキング』(朝日新聞出版)の編集を手がけ、『高校紛争 1969-1970』(中公新書)、『東大合格高校盛衰史』(光文社新書)、『ニッポンの大学』(講談社現代新書)、『早慶MARCH 大学ブランド大激変』(朝日新書)などの著書もあり、、日本の中高大学事情と歴史に関しては日本一といってもいいほどの教育ジャーナリストが、神童的な人たちをできるかぎり追跡し、本当の頭の良さとは何かを解き明かしていく。

(引用元:太田出版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です