盤上の向日葵

柚月 裕子さんの作品です。

天才棋士を相手にしなくてはならないのは、相当大変そうですよね。何十手先をも考えて動いているでしょうし、その場での頭の回転も速そうです。ましてや犯人かどうかも定かではない。

どのように描き切ってくれているのか、楽しみな作品です(*´ω`*)

実業界の寵児で天才棋士――。 男は果たして殺人犯なのか! ?

さいたま市天木山山中で発見された白骨死体。唯一残された手がかりは初代菊水月作の名駒のみ。それから4ヶ月、叩き上げ刑事・石破と、かつて将棋を志した若手刑事・佐野は真冬の天童市に降り立つ。向かう先は、世紀の一戦が行われようとしている竜昇戦会場。果たしてその先で二人が目撃したものとは! ?
日本推理作家協会賞作家が描く、渾身の将棋ミステリー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です