R帝国

中村 文則さんの作品です。

なかなかダークでヘビーなストーリーですので、好みは分かれるかもしれません。

近い将来可能になるかもしれない技術が出てきており、それをトップのほうが管理をしやすくするために使うという非常に怖いことが行われます。

果たして結末はどうなるのでしょうか。

舞台は、近未来の架空の島国・R帝国。ある日、矢崎はR帝国が隣国と戦争を始めたことを知る。だが、何かがおかしい。国家を支配する絶対的な存在”党”と、謎の組織「L」。やがて世界は、思わぬ方向へと暴走していく――。世界の真実を炙り出す驚愕の物語。

(引用元:中央公論新社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です