数えずの井戸

京極 夏彦さんの作品です。

中央公論新社版の数えずの井戸が出ました!

有名な皿屋敷の物語を独自に描いております。

お菊はなぜ井戸端で皿を数えるようになったのか――満ち足りない心をもてあます侍・播磨と慾のないお菊が綾なした、はかなくも美しい「皿屋敷」の真実。

(引用元:中央公論新社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です