BRUTUS 2018年2/1号No.862

今回の特集は、建築を楽しむ教科書 伝統建築編となっております。

遥か昔の建築を日本人のみならず、世界中の人々が美しいと感じるのはなぜなんでしょうね。そんな疑問を16人の日本人建築家と考察してくれています(*´ω`)知らなかったものが沢山ありそうですので、楽しみです(*^ω^*)

今度は伝統建築です。

1,400年前の建築を今も美しいと思うのはなぜでしょう?
京都、奈良、日本全国で、木の古建築の魅力を16人の日本人建築家と考えます。

藤森照信と法隆寺、隈研吾と如庵、西沢大良と旧閑谷学校、
藤原徹平と善光寺、青木淳と江戸川住宅……。

この号の特集は「建築を楽しむ教科書 伝統建築編」。

建築アイドル、Hey! Say! JUMPの伊野尾慧さんと
100年後まで残りたい伝統建築巡りも!

【目次】
法隆寺 藤森照信

三沸寺奥院 投入堂 武井誠

浄土寺 浄土堂 原田真宏

江川家住宅 青木淳

慈照寺 東求堂 佐藤光彦

二条城 二の丸御殿 大西麻貴

錦帯橋 藤本壮介

旧閑谷学校 西沢大良

伊勢神宮 佐野文彦

大徳寺 真珠庵 庭玉軒 中村拓志

諏訪大社 宮本佳明

信州 善光寺 藤原徹平

圓通寺 平田晃久

如庵 隈研吾

東大寺 南大門 永山祐子

妙喜庵 待庵 三井嶺

まだまだあります。オススメ伝統建築。

まんが日本の伝統建築史

スペシャリスト2人が語る、伝統建築のこと。

日本美術を知れば、伝統建築の仕組みが理解る。

宮大工の仕事と道具。

100年後まで残したい、近現代伝統建築。

伊野尾慧と行く、迎賓館赤坂離宮。

[スポンサーサイト]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です