火焔の凶器: 天久鷹央の事件カルテ (新潮文庫)

知念 実希人さんの作品です。

突然身体が発火して亡くなった大学准教授。平安時代の陰陽師・蘆屋炎蔵の墓を調査したこともあり、尚のこと憶測を呼んでしまいます(; ・`д・´)果たして真相は!?

630円+税。

殺人か。呪いか。人体発火現象の真相は? 安倍晴明と同時代に生きた平安時代の陰陽師・蘆屋炎蔵の墓を調査した大学准教授が、不審な死を遂げる。死因は焼死。火の気がないところで、いきなり身体が発火しての死亡だった。殺人。事故。呪い。さまざまな憶測が飛び交う中、天医会総合病院の女医・天久鷹央は真実を求め、調査を開始する。だが、それは事件の始まりに過ぎなかった……。現役の医師が描く本格医療ミステリー!

[スポンサーサイト]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です