将国のアルタイル(21)

カトウ コトノさんの作品です。

死力を振り絞ることによって持ち堪えていた四将国軍でしたが…

防衛線という精神が削られる戦いの行方はどうなるのでしょうか。

630円+税。

トルキエの首都・金色の町を目指し、44000の兵をもって、泉の町突破を狙うレレデリク軍。この祖国存亡の危機に立った四将王は‘‘警告の鐘‘‘を保持し、死力を賭して迎え撃つ。数は大幅に劣ってはいるが、善戦する四将国軍。しかし些細な隙から均衡が大きく崩れ……!? トルキエ将国とバルトライン帝国、双方の命運を決する防衛戦の果てにバヤジットが下す決断とは!?

(引用元:講談社コミックプラス

[スポンサーリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です