トリノトリビア 鳥類学者がこっそり教える 野鳥のひみつ

著者:川上 和人さん、マツダ ユカさん、三上 かつらさん、川嶋 隆義さんです。

身近なスズメやカラスなどの興味深い生態やカッコウの托卵の進化など、知りたくなってしまう事柄を紹介してくれております(*^ω^*)

鳥への関心が高まる1冊です(*´ω`)

1,200円+税。

野鳥=いちばん身近な野生動物!

トリノトリビア鳥類学者がこっそり教える野鳥のひみつ

ほとばしる文才と過剰なギャグ、鋭い考察と鳥への愛。今、日本で最も熱い鳥類学者 川上和人先生の最新刊!『きょうのスー』(双葉社)など鳥を題材にした人気マンガ家マツダユカ先生。

スズメ、カラス、ヒヨドリなどなど身近な野鳥をとりあげ、身近だけれどつい見過ごしがちな野鳥たちの驚きの生態を、マンガと文章とでばっさばっさと解説していきます。

かわいい小鳥だと思いきや意外と凶悪なメジロ、カッコウの進化し続ける托卵戦略、カラスがいつも暇そうなわけ……驚きと笑いに満ちた怒濤のごとき読書体験に、きっと読後だれもが空を見上げずにはいられないはず。

(引用元:西東社

[スポンサーサイト]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です