グラスバードは還らない

市川 憂人さんの作品です。

大規模な希少動植物密売ルートの捜査をしていく中で、不動産王が取引先にいることを掴んだマリアと漣。捜査打ち切りにも関わらず訪れたタワーで爆破テロが(; ・`д・´)

ハラハラのミステリです(`・ω・´)

1,900円+税。

マリアと漣は、大規模な希少動植物密売ルートの捜査中、得意取引先に不動産王ヒュー・サンドフォードがいることを掴む。彼にはサンドフォードタワー最上階の邸宅で、秘蔵の硝子鳥(グラスバード)や希少動物を飼っているという噂があった。捜査打ち切りの命令を無視してタワーを訪れた二人だったが、あろうことかタワー内の爆破テロに巻き込まれてしまう!

同じ頃、ヒューの所有するガラス製造会社の社員とその関係者四人は、知らぬ間に拘束され、窓のない迷宮に閉じ込められたことに気づく。傍らには、どこからか紛れ込んだ硝子鳥もいた。「答えはお前たちが知っているはずだ」というヒューの伝言に怯える中、突然壁が透明になり、血溜まりに横たわる社員の姿が……。

鮎川哲也賞受賞作家が贈る、本格ミステリシリーズ第三弾!

(引用元:東京創元社

[スポンサーサイト]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です