図書館の殺人 (創元推理文庫)

青崎 有吾さんの作品です。

裏染シリーズの第4弾が発売となりました!

閉館後の図書館に侵入し、撲殺された大学生。そしてそこには一冊の本とメッセージが残されていた…

推理が楽しみですね(*´ω`)

880円+税。

期末テスト中の慌ただしい9月、風ヶ丘図書館で死体が発見された。閉館後に侵入した大学生が、山田風太郎の『人間臨終図巻』で撲殺されたらしい。しかも現場には一冊の本と謎のメッセージが残されていた。警察に頼まれ独自の捜査を始めた裏染天馬は、ダイイングメッセージの意味を解き明かせるのか? ロジカルな推理、巧みなプロットで読者を魅了する〈裏染シリーズ〉第4弾。解説=佐々木敦

(引用元:東京創元社

[スポンサーサイト]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です